消費者金融 一本化

複数社からの借り入れ

消費者金融は、銀行などの金融機関と比べて、
迅速かつ手軽に、誰もがお金を借り入れすることができるという
性質をもった金融機関であるといえます。 進化する銀行系カードローンでも触れていますが 銀行と違って、
預金などの業務を行っていないことから、
預金の引き出しや預け入れ時の手数料などの収益はなく、
融資したお金の金利分のみが、業者の利益分となります。

このため、業者としてはできるだけ多くの利用者に対して
融資を行うことで利益を上げなければならず、
結果として審査を通りやすくせざるを得なくなっているのです。

この手軽さゆえに、利用者としてはついつい借りすぎてしまい、
借入額が借り手の支払い能力に見合わない金額にまで達してしまう
というケースも多く見受けられます。

そうなってくると、また別の業者からの借り入れが必要となり、
いわゆる自転車操業とも言われる状態で、返済を続けなければなりません。
こういった状況、複数の業者から融資を受けている利用者は、
多重債務とも呼ばれ、借り入れ業者が4社以上となってしまっている場合などは
かなり深刻な状態といえます。お金借りる 即日 街金でNGでるレベルでしょう。
「借りられないは危ないシグナル」これ覚えておきましょう。

借り入れの一本化

こういった多重債務者の救済を目的として、2006年から段階的に貸金業法が改正されました。
この改正はグレーゾーン金利の撤廃、上限金利の引き下げ、総量規制の導入などが主な改正点で、
この改正に歩調を合わせるようにして、注目を浴びるようになったのが
「おまとめローン」「一本化」などの、複数社からの借り入れを1社にまとめることで
総支払額を減らし、利用者の負担を小さくするという借り入れの一本化です。

借り入れの一本化は、ここ数年で特に注目を浴びるようになった融資ではありますが、
そもそもこういった融資自体は、以前から用意されていたものではあります。
しかし、大抵の場合が銀行などの金融商品として存在しており、
すでに消費者金融の数社から融資を受けているといった場合には、
銀行での借り入れ一本化は、審査に通ることができず
利用したくても利用できないといったケースが多くありました。

この数年で、消費者金融業界も生き残りをかけての合併や統合。
また銀行との提携を進めるなど、業界の再編ともいえる大きな動きがありました。
これにともない、銀行系の消費者金融なども登場し、
その垣根は区別がつけにくくなると同時に
審査も通りやすい傾向となるなど、利用者にとっては歓迎すべき状況となりました。

おまとめローン、一本化に関しても、以前よりもそのような商品が用意される業者が増え、
いわゆる消費者金融でも、借り入れの一本化を目的とした融資を積極的に行うようになりました。

当サイトについて

このサイトでは、消費者金融での借り入れの一本化についてのほか、
消費者金融を利用する際に、知っておきたい豆知識など、まとめてみたいと思います。

消費者金融の借り入れを一本化したいとお考えの方や、
消費者金融の利用を検討している方の参考にしていただければ幸いです。

消費者金融 一本化

コラム